読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由育児~世界で一番小さな保育園

布おむつと、母乳育児についてのブログ

スポンサードリンク

放置されている筆箱は、一歳8ヶ月には格好の遊び道具

このエントリーをはてなブックマークに追加

唯一の園児は、一歳8ヶ月の女の子。

 

我が家の息子達は学校から持って帰ってくる宿題は、何故か床の上でやります。

f:id:hornedman:20170323022147j:image

自分達の部屋に自分専用の机があるのにそこではやりません。

 

リビングのテーブルが空いていても、それも使いません。

 

何故床でやるん?

って聞くと

「だってさ、学校でもずーっと椅子に座って机でやりようのに家に帰って来てまでも机でしたくないと。学校みたいでいややん。それに家は床の方が気持ちがいいしね」

という返事でした。

 

まあ、私は何でも良いけどね。

 

床でやるからにはどういう障害物に出会おうと文句無しでやり抜くしかありません。

 

私は通行の邪魔にだけはならんどってね〜。って言っています。

 

息子達にとっての一番は

妹が近寄って来ること。

コソッと近寄って来て、筆箱を開けて

中身を一つづつ取り出して物色しています。

f:id:hornedman:20170323022738j:image

時には持ち出してしまう事もあるので

息子達にとっては怪獣です(笑)

 

娘にとってはただの筆箱も

開けるときは宝箱のように

ワクワクしているんじゃないかなあ。

 

いつも嬉しそうにニヤニヤしてますから。

そして兄達に怒られるというパターンです。

 

スポンサードリンク