読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由育児~世界で一番小さな保育園

布おむつと、母乳育児についてのブログ

スポンサードリンク

自分で食べる事が定着して来ました

このエントリーをはてなブックマークに追加

唯一の園児は、一歳8ヶ月の女の子。

 

食事の時の、

娘のスプーンと箸と皿の食器類は

決まっています。

 

食事の時間のなると

台所にいる私のところまで来て

準備を手伝ってくれます。

 

「テーブルを拭いて下さい」

と台拭きのタオルを渡すと

「はーい」と元気に返事をして持って行ってくれます。

 

ご飯をよそっている茶碗も

小さな両手でしっかりと支えながら

ゆっくりゆっくりと運んでくれます。

 

自分のご飯が揃うと

椅子によじ登って食べる準備満々。

 

毎回フライングして食べ始めていますが

全員が揃ってみんなで一緒に

「頂きます」をする時は

ちゃんと、パチンっと手を合わせます。

 

自分のスプーンを右手で上手に持ち

すくって食べられるようになっています。

 

お皿の端っこにある物は

指で支えながらゆっくりとスプーンに

乗っけています。

 

口に運ぶ時は、途中で溢れてしまう事が多かったですが、最近は左手を添えながら口に入れています。

 

家族が手伝って食べさせてあげようとしても

「いやい」と言って拒みます。

 

とにかく自分でやってみる。

自分で食べるのが美味しく楽しく食べられる様です。

 

写真は、勢いが良すぎて鼻の穴に

ご飯粒がついています(笑)

f:id:hornedman:20170311082747j:image

 

スポンサードリンク