自由育児~世界で一番小さな保育園

布おむつと、母乳育児についてのブログ

スポンサードリンク

台湾風芋団子ぜんざいを作って食べる

このエントリーをはてなブックマークに追加

唯一の園児は、一歳6ヶ月の娘

 

今年の鏡開きでのぜんざいは

夫が作ってくれた

「台湾風芋団子ぜんざい」

f:id:hornedman:20170114004520j:image

年末、

台湾に研修旅行に行っていた夫。

旅先で食べたのが美味しいかった!

と言いながら楽しそうに作ってくれた。

 

団子作りには長男も参加

f:id:hornedman:20170114004728j:image

私の手の大きさと一緒ぐらいに

成長している長男の手で

蒸した安納芋と片栗粉が

練られて行く。

 

今の娘とおんなじぐらいちいちゃくて

ぽちゃぽちゃしていた手も

今ではしっかりとした人間の手に

成長している。

 

そんな事を考えながら

作ってくれる様子を見ていた。

 

団子は、熱湯で茹で上げる。

 

別鍋で、コロコロに切った里芋を

湯がいて薄く甘みをつける。

f:id:hornedman:20170114005204j:image

今回は、台湾で買って来た

オーガニックココナッツシュガーを

加えてみる。

 

団子と里芋を器に盛り

その上にぜんざいをかけて食べる。

 

楽しい鏡開きになりました。

 

娘は、芋団子だけを

「うま!うま!」と

ひたすら食べておりました。

スポンサードリンク