読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由育児~世界で一番小さな保育園

布おむつと、母乳育児についてのブログ

スポンサードリンク

毎日でも食べたい簡単七草粥で胃腸をひと休みさせてあげる

このエントリーをはてなブックマークに追加

唯一の園児は、一歳6ヶ月の娘。

 

 一月七日は、

年末年始に働き過ぎた

胃腸をお休みさせる為に

春の七草で粥を作って食べます。

 

本来は「七種」で「ななくさ」と読んでいたそうですね。

 

春の七草と言えば

「せり

なずな

ごぎょう

はこべら

ほとけのざ

すずな

すずしろ」

 

今年の我が家のが七草

「ネギ 三つ葉

にんじん 大根

ふだんそう

キャベツ 白菜

野菜七種(ななくさ)」

ちょっと七五調を意識してみました。

 

材料をみじん切りにして少量の水と塩で15分くらい火を通したらご飯を投入してゆっくりコトコト、美味しいお粥が出来ました♪  

 

f:id:hornedman:20170108093727j:image

 

娘も自分でスプーンを使って

食べました。

 

私の実家では、お餅も入れるので

今回は餅入り七草にしました。

地元では、小学校に入る前の

7歳になる年の子どもは

近所の家を7軒回って

それぞれの家の七草粥

貰って来る。

という風習がありました。

 

私も7歳になる年の七草の時は

近所の家を回って

お粥をご馳走になりました。

 

今でもやってると良いなあ。

 

スポンサードリンク