読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由育児~世界で一番小さな保育園

布おむつと、母乳育児についてのブログ

スポンサードリンク

フランスからの留学生が泊りがけで子どもたちと遊んでくれた

このエントリーをはてなブックマークに追加

我が家の唯一の園児は

1歳4カ月の娘。

 

子どもたちが

幅広い感性を持って貰えたら

嬉しいなあと思い

地球規模でのお友達との関わりを

持つように心掛けています。

 

先日は、二泊三日で

フランスからの友人が

遊びに来てくれました。

 

まだ20歳になったばかりの彼は、

気長に我が家の子どもたちの

相手をしてくれたり、

食事の準備を手伝ってくれたり

積極的に話しかけてきてくれたり

と、とっても良い感じの男性でした。

 

180cmぐらいの大きさがあって

体格も良いので

初めは物凄くビビって

抱っこもされる事もなく

遠目な感じで見ていました。

 

とてもフレンドリーな友人は

積極的に娘に話しかけてくれたり

「いないいないばあ」の

フランスバージョンで

「boo〜〜!」

と遊んでくれたりと

嬉しい優しいアプローチに

ちょっと距離があった娘も

いよいよ氣になるよ〜!

 f:id:hornedman:20161116113829j:image

という事で、

時々近づいては

友人の肩を「とんとん」として

「あは〜!」と笑いかけてみたり、

近くをウロウロしてみたり、

何やら「こちょこちょこちょこちょ」

と話しかけてみたり

娘なりのアプローチをして

楽しんでいます♪

 

はっきりとした言葉としては

通じなくても

雰囲気や様子でお互いの

思いや考えが通じ合えれば

それで良いんだなあ〜と

思っています。

 f:id:hornedman:20161116114000j:image

子どもたちにが

自分の中に

国境を作ってしまうのでは無く 

同じ地球に住んでいる

仲間という意識で

これからも沢山の人達との

出会いや繋がりを大切に

過ごして貰えると嬉しいな。

 f:id:hornedman:20161116114118j:image

 

 

スポンサードリンク