読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由育児~世界で一番小さな保育園

布おむつと、母乳育児についてのブログ

スポンサードリンク

自分で食べるのが美味しさも楽しさも増す

このエントリーをはてなブックマークに追加

我が家の唯一の園児は

1歳4カ月の娘。

 

食事の時間は

楽しみな時間の一つ。

 

ご飯・味噌汁・おかずと

それぞれを分けて入れて

娘の食卓も

他の家族と同じように

準備されています。

 

それでも

他の人の

お椀に入っている物が氣になり

「んーんーんー」

と指を指して欲しがります。

 

最近では

自分でスプーンを握って

すくおうとするので

一緒に手を添えて

すくいあげると、

後は自分で口まで運び

あ〜んと開けてパクリと食べます♪

f:id:hornedman:20161112061317j:image

お椀の味噌汁は

具材の確認のために

先ずは手を入れて取り出して

見て口に入れてみる。

氣に入れば続けて食べ続け

ダメな時は、

べ〜っと出してしまい

手に付いて残っている物は

側にいる家族に

「ん、ん、ん」と言いながら

食べて〜。と差し出してきます。

 

残った汁は

小さな小さな両手で

しっかりと持ち

ぐびぐびと飲んでくれます。

f:id:hornedman:20161112062143j:image

お魚は大好物で

もちろん手づかみで

食べます♪

小アジの唐揚げは

頭からガブッ!ムシャムシャ!

と食べる様子は

とても氣持ちが良いです♪

f:id:hornedman:20161112062739j:image

溢れたり落としたりすると

大変かもと思い

お茶碗やコップを持つときには

手を添えてあげたりすると

最近ではそれを嫌がり

「んんん〜〜!!!」

と力を入れて表現してくれます(笑)

 

終わった後の片付けは

テーブルの上も下も

大忙しですけどね(^^)

f:id:hornedman:20161112063334j:image

それでも、

娘が自分の意思で食べている。

という事が嬉しいですね♪

 

 

 

スポンサードリンク