自由育児~世界で一番小さな保育園

布おむつと、母乳育児についてのブログ

スポンサードリンク

おんぶされるのは娘だけではありません

このエントリーをはてなブックマークに追加

我が家の唯一の園児は

1歳4ヶ月の娘。

 

自宅でのんびりと

過ごしている時は

娘のペースに合わせて

眠そうにしていたり

そろそろ昼寝の時間かな?

って時には、

おんぶ紐の登場です♪

 

我が家で使っているのは

昔ながらの

正面でバッテンにして

お腹のところで

結ぶタイプの物です。

 

普段は、

自分がおんぶされっぱなしに

なっていますが

最近はたまに、

クマのぬいぐるみと

おんぶ紐を持って来て

「ん、ん、ん」と言いながら、

自分の背中を指差して

お知らせしてくれます。

 

「自分の背中でおんぶするの?」

と聞くと

「ん、ん、ん」

と言いながらやっぱり

背中を指差しています。

(背中というか、後ろというか)

 

「いいよ〜おんぶしてみようかね」

と言いながら

おんぶ紐にクマを乗せて

からわせてあげると

嬉しそうにニコニコさんです。

 

自分のお気に入りの

ピンクの小さなバッグを持って

部屋の中をぐるぐる回っています♪

 

誰かのお世話をしている気分に

なるんでしょうか?

いつもは自分がおんぶされてるので

同じように

真似っこしてやって

みたいっていうのもあるんでしょうね。

 

もうこんな事も

出来るようになってきてるんだなあ。

 

 

 

f:id:hornedman:20161105003238j:image

スポンサードリンク