読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由育児~世界で一番小さな保育園

布おむつと、母乳育児についてのブログ

スポンサードリンク

指先で小さな物を摘む

このエントリーをはてなブックマークに追加

我が家の唯一の園児は、

1歳4カ月の娘。

 

赤ちゃんは

小さな物を見つけて

(大人が気がつかない、ホコリとか。笑)

つまんで、

暫く観察してるかと思いきや

「パクッ」っと

口に入れてしまったり、

即、口に運ぼうとしたりする事が

度々あります。

まずは、

身体で直に確かめる

動物的行動なんでしょうが

こちらとしては、

「あああ〜!!!!」

と慌ててしまいがち。。。

 

本人としては、

「ん?なに?

ちょっと確かめてるだけですけど」

ぐらいの表情で

こちらを見てたりするので

拍子抜けしちゃうんです。

可愛いんですけどね♪

 

そうやって、なんでも

摘んでまずは口に入れて

確かめていた娘も

最近は、

その行為も減ってきて

[小さい物を摘んで違う容器に移す]

というところまで

出来るようになって来ています。

 

遊びの一つに

お手玉の中身に使う数珠玉を

お皿から違う容器に移していく

という事をやったりもしています。

(口に入れる事が減ったにしても

側に居て見守りをする事は

まだまだ必須です)

 

玉を摘むために

小さな指先に

全集中してやっている様子を

そばで見ていると

こちらまで「んんん。。。!」と

思わず力が入ってしまいそうです。

 

一粒入れば自分でも感動して

「おお〜!」と言いながら

パチパチと拍手をする。

時々、

摘んだ物を私に見せて

「ほら〜♪」と言わんばかりの笑顔で

嬉しそうに入れている。

 

二、三個入ったら

また元のお皿に、ザラッと戻す。

(全部を綺麗に戻し入れる事はまだ出来ていません)

この作業の繰り返しの遊びです。

 

這い這いの動きの時に

床のところでやっていた

摘んで口に入れて確かめる

という小さな小さな行動も

こうやって繋がっているなあと

感動しました。

 

そして、

子どもの成長に

無駄な動きってないよなあ♪

と再認識出来きた時間となりました。

 

次は、どんな事に繋がって行くかな〜♪

f:id:hornedman:20161031014054j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク