読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由育児~世界で一番小さな保育園

布おむつと、母乳育児についてのブログ

スポンサードリンク

指差しが言葉の代わりに伝える事

日誌
このエントリーをはてなブックマークに追加
f:id:hornedman:20161028235412j:plain 我が家の唯一の園児は
1歳4カ月の娘。

最近は、指差しをして
自分の思いを
お知らせをしてくれる様になりました。

飛行機の音がすると
「おおお〜!」「お!お!」
と嬉しそうに、
窓の外に指を指して教えてくれます。

外から、
「カア!カア!」
とカラスの声が聞こえると
「あーあー」と
鳴き真似っぽい事をしながら、
外に指を指して教えてくれます。

2人の兄が
学校から帰宅して
「ただいま〜!」の声に
扉を指差して
「ん、ん」と教えてくれます。

取って欲しいものがあると
その物を指差して教えてくれます。

食事の時も
気に入った料理の
おかわりの時は、
高く上に指差して
もう片方の手でお皿を持ち
「ん、ん、ん」と
おかわりをせがみます。

一緒に来て欲しい時も
私の指を掴んで
指をさしながら連れて行ってくれます。

上手に
自分の思いを表現してくれている
1歳4カ月の娘です。

たまに、
何にもない様な所を指差して
何やらお知らせしてくれる事もあります。
きっと彼女には、
見えてるものがあるんでしょう。
私は、
「ご先祖様が見守ってくれているんだなあ〜」と思っています(^-^)

スポンサードリンク