読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由育児~世界で一番小さな保育園

布おむつと、母乳育児についてのブログ

スポンサードリンク

チョコレートに詳しい男の子を驚愕させられる手作りチョコレートの作り方

食育 思春期 季節
このエントリーをはてなブックマークに追加

今週のお題「バレンタインデー」

 

長男小学五年生、次男小学三年生。

そろそろチョコレートの1つや2つ、持って帰って来そうだけど、そんな様子はありません。

いまだに母親からのチョコ菓子を期待しているから、今年は心を鬼にして、おやつ無しということにしようかしらと思っています。外貨を稼いでこないとね。

 

チョコレートと言えば、夫がちょっと仕事で関わったことがあり、夫のほうが妙に詳しかったりします。0歳の娘が年頃になったら、一緒にチョコレートを作るなどと言っているが、それもいかがなものだろうか。

 

チョコレートを知る人間から見ると、その努力に応えない訳にいかない手作りチョコレートがあると言います。

それは型抜きの艶やかなチョコレートだそうです。ただの型だったら、手作りかどうかわからないから、名入りの型を使えば、驚愕させられるとのことです。

 

どういうことかと言いますと、まずオリジナルの型というのを作るのが大変ということ。まぁ、当たり前ですが。

木を彫ったり、シリコンで作ったりすることもできますが、艶やかな仕上がりにするのは困難らしいです。お金に余裕のある人は、プラスチックの型をオリジナルで発注すれば事足ります。3Dプリンターという手もあるそうです。

 
ここまでが第一段階。
 
夫が言うには、手作りチョコにガナッシュ系が多いのは、ツヤツヤしたチョコを作る技術がないからだと言い切ります。その技術というのは、テンパリングという工程を指すらしいいです。
 
チョコレートを艶やかな結晶で固めるには、温度を上げたり下げたりというのを繰り返してあげる、調温という作業が必要です。これがテンパリングです。ただ、溶かして固めたチョコレートは、ボソボソして美味しくないのです。と言ってます。夫が。
 
とかなんとか言いながら、裏技があるから教えてあげようという夫。
 

簡単テンパリングの方法

突然ですが、
ここから、簡単テンパリングのやり方です。
  1. パリッとしてツヤのある市販のチョコレートを準備する
  2. 体温で溶かさないように、そのチョコレートをナイフで5%くらい削って、置いておく(量は適当)
  3. 残りのチョコレートを湯煎で溶かす。アッツアツにしない。さらさらになれば大丈夫。高温過ぎるとチョコレートの中のミルク分が固まって、ダマになります。
  4. 溶け切ったらボールを取って、ボールの下を乾いた布巾で水気をなくして、乾いたテーブルに置く。チョコレートは油の塊です。水気が入ると分離して、パリパリのチョコになりません。
  5. 丁寧にゴムベラなんかで混ぜながら、チョコの温度を30度まで下げます。
  6. チョコの温度を計る道具を持っていればいいですが、目安は、ちょっと触ってみて、少しひんやりするくらいです。耳たぶの冷たさくらいのようです。この時、まだチョコレートは液体状ですよ。
  7. ここにあらかじめ削っておいたチョコレートを混ぜ入れます。しっかり溶かしこんでください。このチョコレートの結晶につられて、今から固まるチョコレートも、キレイな結晶になるとのことです。
  8. ここまでできたら、型に入れて冷やすだけです。
  9. この型がオリジナルだったりすると、驚愕させられます。(あくまでもチョコレートに詳しい男の子が相手の場合)
 

チョコレートに詳しい男の子を驚愕させられる手作りチョコレートについてまとめます。

  • オリジナルだとわかる型を使う
  • その上でツヤツヤにテンパリングを効かせる
 
以上です。
明日は夫にチョコレートを作ってもらおうかしら。
 

昨年作ったチョコレートケーキの写真

f:id:hornedman:20160213143846j:image

 

スポンサードリンク