読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由育児~世界で一番小さな保育園

布おむつと、母乳育児についてのブログ

スポンサードリンク

小学校卒業記念に瀬戸内山陰の旅Part5

唯一の園児は、一歳10ヶ月の女の子。

 

記念の旅は、まだ2日目。

 

午後は愛媛に渡る

しまなみ海道をお天気に恵まれて

ぐんぐん走りました。

途中の道の駅で

今治焼き鳥とみかんソフトを購入〜。

f:id:hornedman:20170429115122j:image 

次の場所は、

大三島大山祇神社へ参拝。

f:id:hornedman:20170429114048j:image

ここで見つけたご朱印帳に

一目惚れした長男。

f:id:hornedman:20170429114151j:image

ここから長男の

御朱印集めが始まります。

 

この神社にはとっても凄い物が

数々納められているという

国宝展示館もあります。

f:id:hornedman:20170429114634j:image

昔々の武将たちが

戦いに勝った時にこちらの神社に

鎧や兜や刀等々を納めていたようです。

 

なななんと!

源義経や頼朝達の物もあり

歴史の数々を今も感じる事が出来ました。

息子達は歴史大好きなので

興味津々でした。

 

そして、ここのマンホールは

みかんの絵柄でした。

f:id:hornedman:20170429115043j:image

大山祇神社を出たら

いっきに高松に移動しました。

途中の車の中で一歳9ヶ月だった娘は

自分が食べていたおにぎりを

相棒のパンダさんに食べさせていました。笑笑

f:id:hornedman:20170429115405j:image

可愛すぎ!

 

21:00ぐらいに高松に到着。

さすがにこの時間にはうどん屋さんは開いておらず。。。

どうにか開いていたチェーン店で

まずは香川のうどんを食して

二日目の食事終了。

 

食後は、道の駅滝宮の駐車場で

車中泊&テント泊。

 

テントには夫と二人の息子達。

私と娘は車中泊

 

まだまだ寒い夜でした。。。(笑)

 

それでも楽しそうにテントに

入っている三人でした。

 

明日は、豊島へ美術館巡りの

三日目です。

Part6へ続く〜🎶

小学校卒業記念に瀬戸内山陰の旅Part4

唯一の園児は、一歳9ヶ月の女の子。

 

自家用車での家族旅行2日目の続き。

 

原爆ドームを後にして尾道を目指して

下道移動。

 

途中のトイレ休憩には

コンビニをお借りしたりしながら

山道をくねくねしながら

目的地の尾道市向島

USHIOchocolateに到着!

f:id:hornedman:20170418171604j:image

昔、公共の施設だった所に

5、6人でやっている素敵な

手作りのchocolate工場があります。

お客さんも多くてレジは長蛇の列!

f:id:hornedman:20170418174710j:image

材料は砂糖とカカオだけ!!!

カカオ豆の産地ごとに味も違って

楽しめて、めちゃウマウマ!

産地ごとの六角形の包みが可愛い!

f:id:hornedman:20170418172133j:image

製造者の方々とも久しぶりに

お会い出来来ました。

 

今回は

初めてのカフェも楽しみたいという事で

注文したのは

ホットココア(私と長男)

(本当はchocolateが飲みたかったけど売り切れだったのです。。。絶対飲みたい方は、午前中に着くのがオススメです)

ココアソーダ(夫)

瀬戸内みかんジュース(次男)

f:id:hornedman:20170418173320j:image

夫が注文したココアソーダというのが

意外や意外に美味しかったです!

写真を撮り忘れていますが。。。

 

高台にあるので

カフェからの眺めも良いいです。

f:id:hornedman:20170418173529j:image

ちょこっと腹ごしらえをして

前日が長男の誕生日だったという事で

帰り際に、カカオニブのお土産をくれました。

f:id:hornedman:20170419000217j:image

(このカカオニブが途中の運転に大いに活躍してくれました)

 

次の目的地は

国宝の鎧を沢山保管展示しているという

大山祇神社

 

旅の2日目は、この時点で13:00ごろ。

Part5に続く

 

小学校卒業記念に瀬戸内山陰の旅Part3

唯一の園児は、一歳9ヶ月の女の子。

 

宮島の鹿は人馴れし過ぎてて

近づいても全く反応が無くて、

なさ過ぎて(笑)

置物みたいに動かないので

娘は

「めえめえ」だと気づくのに

ちょっと時間がかかっていました。

 

そんな宮島を出て、

次は原爆ドームへ移動。

f:id:hornedman:20170416233855j:image

今回二ヶ所目の世界遺産見学。

f:id:hornedman:20170416233949j:image

団体の方々がボランティアの方から

説明を受けているところに

こそっと混ざりながら

話をのぞき聴きしたり。

 

記念の写真を撮ろうとすると

長男が

「ここにふさわしく無い柄やけん」

と言いながら迷彩柄の上着を

脱いで写っていました。

f:id:hornedman:20170417115150j:image

原爆ドームをグルッと一周しながら

どの様に落ちて爆風はどんな風に

飛んだんだろうか?

と兄弟でじっくりと見ている姿も

見られました。

f:id:hornedman:20170417115352j:image

一緒にこの場所に来れて良かった。

 

子供たちなりに感じ入るものが

あったのではないかと思います。

 

この時点でまだ2日目の10:00ごろ。

2日目の旅はまだ続きます。

次は、尾道へ!

 

 

小学校卒業記念に瀬戸内山陰の旅Part2

唯一の園児は、一歳9ヶ月の女の子。

 

長男の小学校卒業記念の旅2日目。

 

朝一6:20の

宮島行きの船に乗り込みました。

f:id:hornedman:20170415235609j:image

約15分ほど乗り、宮島到着。

f:id:hornedman:20170415235707j:image

平清盛の像があったり

f:id:hornedman:20170415235812j:image

鹿に出会ったり

(娘は鹿を「めえめえ」と呼んでいました)

f:id:hornedman:20170415235852j:image

しながら人通りの少ない道を

てくてく歩きました。

f:id:hornedman:20170416000013j:image

お目当の厳島神社は海水が満潮になっていてとっても幻想的で美しい所でした。

f:id:hornedman:20170416000149j:image

早朝すぎて人も殆ど居なくて

ゆったりと神社の中も観れました。

f:id:hornedman:20170416000315j:image

私は、ここで御朱印帳スタート。

f:id:hornedman:20170416000527j:image

商店街で焼きたてもみじ饅頭を

食べる予定でしたが

早朝すぎてお店がどこも開いておらず

唯一のカレーパン屋さんで

牡蠣カレーパンを食べて朝食としました。

 

厳島神社は美しかった〜。

f:id:hornedman:20170416000821j:image

また行きたい場所になりました。

娘も興味津々に

自分で歩きまわっていました

f:id:hornedman:20170416000959j:image

 そして、2日目はまだまだ続く。。。

 

長男の小学校卒業記念に家族で瀬戸内山陰の旅

唯一の園児は、一歳9ヶ月の女の子。

 

長男が小学校を卒業した記念に

7泊8日の

瀬戸内山陰の旅をして来ました!

 

しかも自家用車で!

高速道路使わずに下道で!

車中泊&テント泊で!

各県の道の駅ありがとう〜!

f:id:hornedman:20170408002411j:image

九州脱出!

 f:id:hornedman:20170408002604j:image

車の中で旅の始まりに

喜びのハイタッチをする子ども達。

 

初日は、広島までの約300km。

 

途中、休憩やトイレなどでちょいちょい

コンビニや道の駅にお世話になりながら、

夜の閉店ギリギリに

広島の

お好み焼き屋さんに入る事が出来た!

f:id:hornedman:20170408002920j:image

パリパリの焼きそば美味し!

(広島風なので焼きそばが入っている、お好み焼き)

 

この日は、

宮島行きの渡船場の駐車場で車中泊

初日なので、車中泊もワクワク!

 

翌日は5:30起き!

 

次へ続く

 

放置されている筆箱は、一歳8ヶ月には格好の遊び道具

唯一の園児は、一歳8ヶ月の女の子。

 

我が家の息子達は学校から持って帰ってくる宿題は、何故か床の上でやります。

f:id:hornedman:20170323022147j:image

自分達の部屋に自分専用の机があるのにそこではやりません。

 

リビングのテーブルが空いていても、それも使いません。

 

何故床でやるん?

って聞くと

「だってさ、学校でもずーっと椅子に座って机でやりようのに家に帰って来てまでも机でしたくないと。学校みたいでいややん。それに家は床の方が気持ちがいいしね」

という返事でした。

 

まあ、私は何でも良いけどね。

 

床でやるからにはどういう障害物に出会おうと文句無しでやり抜くしかありません。

 

私は通行の邪魔にだけはならんどってね〜。って言っています。

 

息子達にとっての一番は

妹が近寄って来ること。

コソッと近寄って来て、筆箱を開けて

中身を一つづつ取り出して物色しています。

f:id:hornedman:20170323022738j:image

時には持ち出してしまう事もあるので

息子達にとっては怪獣です(笑)

 

娘にとってはただの筆箱も

開けるときは宝箱のように

ワクワクしているんじゃないかなあ。

 

いつも嬉しそうにニヤニヤしてますから。

そして兄達に怒られるというパターンです。

 

苺の甘味はお気に召されずの一歳8ヶ月

唯一の園児は、一歳8ヶ月の女の子

 

我が家のおやつは基本的に

甘い物は出て来ません。

一歳8ヶ月の娘には

特にそうしています。

甘い物に慣れなくてもいい。

と言うのが親の考えです。

 

果物であっても進んで

食べさせると言うのはやっていません。

 

それでも家族が果物を食べていて

欲しがる時にはお試しで

食べさせてみたりもします。

 

最近の初チャレンジは苺。

f:id:hornedman:20170322223214j:image

兄達が食事のデザートで食べていた

苺に興味津々な娘。

 

美味しそうに食べているのを見ていたら

自分も食べたくなったのか

「まんまーいー」

と言って欲しがり出しました。

 

椅子に座って下さい。

と声かけすると

自分で椅子によじ登って座り

苺に手を伸ばしました。

 

兄達が美味しそうに食べているので

自分も真似してちょろっと噛んでみて

「うまい!」と声を出して

兄達にも「うまい?うまい?」

とノリも良く聞いていたのですが

暫くして

口いれていた苺を出してしまい

手に持っていた苺は

「いやい。。。」

としかめっ面をして私の口に入れようとして来ました。

 

「あれ?食べないの?」と聞くと

やっぱり「いやい」の繰り返し。

 

じゃあ、母さんが貰います。

とパクっと食べると「うまい?」

と聞いてくれるという優しさ。

 

その後は、椅子から降りて

自分の遊びに夢中で

まだ苺を食べていた兄達の事は

全然気にしていない様子でした。

 

まだ果物の味は、娘には美味しさとは違うものみたいです。

 

スポンサードリンク